NECAが目指すものづくりの将来像

2030年、日本のものづくりが復活し、世界を再び牽引する状態に思いを巡らせたとき、NECAが出した答えは、


「5ZERO マニュファクチャリング」


日本のものづくりの強さである匠の技の進化や「PDCA」を重ねた改善とともに、 IoT、ビッグデータ、AI、協調ロボットなどの技術的なイノベーションの活用により、Q・C・D・Sと設備保全の領域で、5つの「ZERO」が実現された世界でした。

Q(品質)Zero defect: 欠陥ゼロ

C(コスト)Zero production loss: 生産ロスゼロ

D(納期)Zero late delivery: 納期遅延ゼロ

S(安全・セキュリティ)Zero accident: 事故ゼロ

MT(設備保全) Zero downtime: 生産ライン停止ゼロ

NECAは電気制御機器の進化と、新たなサービスの創出で、5つの「ZERO」を目指した、究極のものづくりの実現を推進します。

トップページへ戻る

<このページのトップへ